♡Love letter from earth woman

     私のじんせいが私の大地、私のからだは私の大地。そこに私を立ち上げたい。そして、アミ♡きみと会いたい・・・。

     私のじんせいが私の大地、私のからだは私の大地。そこに私を立ち上げたい。そして、アミ♡きみと会いたい・・・      

私とからだ、その間に何ものも挟まない

私たちは、ひたすら丸くなってきた。

 

f:id:yumikomiracle:20171213011451j:plain

ミラクル結実子が提唱するP.M.B.養成講座2年めをむかえる。

 

1年目、

1回1回の講座は、

多くの方が想像もできないくらい、

些細な切り口からはじまり、

必ず、全体へと向かい、終わった。

 

ところが、

受講生の方々は、

全体へとむかったことの価値、

変化の価値を

ほぼひろえない、ことが多々あった。

 

それは、一人の人間というものを通して、

現代のテーマが浮き彫りになるような、」

 興味深い現象だった。

 

その瞬間、ある感動とともに

自分の変容を体験したとしても、

言葉にしようとした瞬間

あっという間、

おもしろいくらい

別の言葉にしてしまい、

自分の変容をなかったことにしてしまう

 

同じく、私自身も

私自身と私以外の人の

からだに対する距離の違いをしらなかったし、

 

自分の伝えたことが

思った通りに伝わることが

ほぼ違った風に伝わるのが

人、

ということを全く知らなかった。

 

それらがまじりあい、

お互いが手探りで歩んだ一年ではあったが、

そもそもが

手探りで構築されたP.M.B.メソッド故

からだに取り組むとは

それぞれの人が、

ジブンで手探りで歩むこと、ともいえる。

 

なのに、

手探りで歩んだせっかくの結果を

なぜ、どこかで聞いたことのある

陳腐な言葉に還っていくのか?

 

そこに、何が起こっているの?

と考えると、

 

私は

自分の変容に気づけないほど

キモチが何か、どこかに、

捉えられているんじゃないかな、と考えている。

 

ミラクル結実子はそれを

「自分の不在」と呼んでいる。

 

1年かけて

その「自分」をからだに取り戻した。

 

取り戻したものの

さて、どうするか?となった時

自分の何もなさに愕然とし、

途方に暮れてしまう。

 

その中で、

受講生7名のうち

2年目を続けた方が2名。

残りの5名は

それぞれがそれぞれの場所で

自分である道を選んだ。

 

P.M.B.講座を続けようと思った2名と私は

2年目のうちの約半年を

気が付くと、

ひたすら丸く小さくなっていた。

 

それを意図したわけでもないのに

からださんの声を聞き

整えていくと

どうしても丸くなってしまうのだ。

 

 

その丸くなった先に私たちを待っていたものは?

 

 

そして、2年目のほぼ8回ほどを終え、

やっと、P.M.B.の本講座の入口にたてた、

と思えたのが昨日だ。

 

素直にうれしい。

 

これから、ともにからだに取り組める気がしている、

 

 

二人とも、

動きについては、得意な方でもなければ

何か、好きなだけでもいいから

特化してやったわけでもない、と思う。

 

下記に挙げる動画は、

よくあるヨガやストレッチの動画だ。

その動きをよくみてほしい。

 


Physical method for being

 

 注 参考例として、いくつもの中から一番わかりやすいものを選びました。

   個人に特化したことを伝えるためではないことを、ご了承ください。

 

 

いま、この世界にある多くのものが

個人の能力は別にして

この入口から入っているように思う。

 

唯一違うのは

フェルデンクライスメソッドではないか、

というのが私の認識。

 

P.M.B.は、私なりに

フェルデンクライスメソッドが持つ問題点と

その先をみつめ続け、構築している。

 

その意図が

みなさんに伝わるかどうかはわからないが、

下記の動画が、

昨日のワークの様子。

 

些細な動きなので

少し注意をはらい、ゆっくりとかんじとっていただければ、

と願います。

 


Physical method for being

 

いかがでしょうか?

 

表と裏。動きにも、からだにも、表(みえてるもの)裏(みえないもの)があり、役割がまったく違う、と考えるP.M.B.。

 

 

私なりの説明を付け加えるなら

先の動画の動きは、

表としては、

良い動きなのかもしれない。

けれど、

私から見ると

動きと本人の間に

「正しさ」や

「ちゃんと」という言葉が

見え隠れして、

動き自体が生き生きしていない。

 

P.M.B.メソッドの

からだや、人間に対する考えは

 

人間の寿命と

物質的欠損以外は、

今のあなたのどんな目的も

あなたが真剣に願えばかなうはず、

それが

人間が持つからだの力だ、という考えがある。

 

そんなからだとの関係性を持つために

からだのことに取り組んでいる。

 

なぜって、

自分の中で一番言うことを聞いてくれないのは

からだ、だからだ。

 

自分と身体との関係性をきづくことこそ、

生きること、と言ってもいいのかな?

 

その関係性さえ築きあげれれば

からだは勝手にやわらかくなっているし

きれいになるし

賢くなるし

元気になるし

っという感じ。

 

だからP.M.B.が、

からだを扱うときに大事にしているのは

どんな小さな動きでも

大きな動きでも

なににもまして

その瞬間、

身体も自分も生き生きと生きていること、

それに尽きる。

 

その結果が下記の動画だ。

 

この動画を、

私は、なんどみても、

その美しさにうっとりしてしまう。

 

私は、あほやろか?

 

みなさんはどうでしょうか?

 

良かったらご感想お聞かせ下さい。

 

では、よい一日を。

 

 

【12月の個人セッションのご案内】

 

12月20日以降なら、まだまだ予約可能です。

年末年始なら、宿泊ワークも可能です。

お問い合わせ、お申し込みは

https://www.physicalmethod.com/

まで・

 

【新着ニュース】

 

☆ミラクル結実子NOTEにて、https://note.mu/miracle8

 かんじてかんじて、何かが立ち上がるからだのおはなし動画

 &

 ミラクル結実子オリジナル有料ワーク配信中

 

☆テレフォンワーク スタートしました。

 この夏から腰が痛くて眠れない、歩けない、手が上がらない、などなど
 緊急SOS的な要望でテレフォンワークをおこなってきました。

 その改善力に、なぜ?というお客様の声。
 
 声を聴けば、その人の骨格の位置、内側の筋肉の状態、息の入り具合
 滞り具合が想定できるからです。
 それから、双方丁寧にお互いを感じ取りあいながらワークを進めていきます。

 これなら遠方の方もセッションを受けられますね。

 テレフォンワークの流れは
 
 Step1 メール送信   お名前、連絡先
            ワークを受けたい理由、症状
            希望日時、第3希望まで明記していただき
            メールにて受け付けます。
 Step2.こちらから返信 日時を決定
            (緊急の場合は、おTELいただいても構いません) 

 Step3.予約確認、確定

 Step4.お振込み(ご予約確認後、3日以内にお振込みください)
         お振込み後の、日時変更、3回まで可能です。
        キャンセルは基本的に受け付けていません。
 
 Step5.テレフォンワーク実地
 
 
 どこに行っても改善しなかったことが、電話で変わるなんて!!
 ただいま、一般公開メニューとしてスタートするにあたり、
 通常30分 4500円 料金のところ 
   30分 3500円で行わせていただきます。


 一度、受けてみたかったの、という方、これを機会にぜひお申し込みください。


☆ただいま、新しくニュースレターをご希望の方、うけつけております。

 

心地よい日々に心地よいあなたで。Yumiko Miracle  Office 1438-7 Isshiki Hayamamamachi Miuragun Kanagawakenn Japan      お問い合わせ  090-9674-9271 yumiko@physicalmethod.com